Feeds:
投稿
コメント

先週の土曜日(1月8日)米国アリゾナ州のツーソンのスーパーマーケットでの単独犯による無差別銃撃事件(ターゲットは民主党下院議員のGabrielle Gilffordsであったが)、下院議員は重体、9歳の女児を含む6名が死亡した。アメリカのメディアはこぞって『ツーソンの悲劇』として特別番組、特別報道体制を組み、Gilffords議員の病状、6名の死者のプロファイル、そしてアメリカのメディアお得意の悲劇の中で活躍したヒーロー達の話を伝えた。そして1月12日にアリゾナ大学でのオバマ大統領の追悼スピーチは、それはそれは心打たれるものであった。Gilffords議員が数時間前に狙撃後初めて瞳を開いた劇的なニュースを伝え、狙撃犯の過激な思想の影にある極右、超保守層を批判するのではなく、死亡した9歳の少女Christina Greenを引き合いに出し、「心に思い浮かべてください。民主主義というものを知り、市民としての責任ということをやっとで理解し始めた9歳の女の子のことを。我々は彼女が希望していたことに応えたければならない。我々の民主主義は彼女が想像していたぐらい素晴らしいものでなければならない。この国が子供達の希望に応えるために、我々全員がなせることは何でもしなければならない。」という、アメリカの保守からリベラルまで抵抗なく受け入れられるキー・メッセージを、オバマらしい素晴らしい弁舌で伝えた。スピーチの時、オバマ大統領は何人かのヒーロー達(狙撃直後Gilffords議員に覚えたての応急処置をした20歳の議員ボランティアの青年、狙撃犯に飛びかかった老齢の退役軍人)を取り上げ、会場は拍手喝采となった。 狙撃現場やGilffords議員が入院しているアリゾナ大学病院には追悼、回復を願う市民から花束やメッセージが次々よ捧げられている。ツーソンの街中の駐車場や公園に木々に追悼のために手作りの風鈴(wind chimes)を掲げるボランティア達がいる。ニュース番組のあるアンカーに言わされれば、「アメリカは悲しみに打ちひしがれている。」と言う。

しかし、この事件の真因(そして、コロラド州コッロンバンの高校での銃撃、バージニア工科大学での銃撃、等々の)である危険な人物が殺傷力の強い銃を保有することについては、規制を強化する見込みは全く無いという。このブログで翻訳を載せたニューヨークタイムズの記事では、銃保有推進論達は銃保有を保証する合衆国憲法修正第二条を盾に、今回の事件で特に問題になった大容量弾倉への制限に声高に反対を表明している。銃規制の強化を推進する側は、11月の改選で下院が共和党のコントロール下になり、上院でも両党が拮抗したために、腰が引けているようだ。それを見て安心したのか米国最最強のロビー力を誇る全米ライフル協会(NRA)は敢えて沈黙を保っているぐらいだ。

銃撃悲劇が起こるたびに、皆で集まり悲しみ励ましあい、いろいろなボランティア運動を行うのはいい。同様に、どこから探してくるのかヒーローを仕立てて賞賛するのもいい。それはアメリカ文化の一つなのだから。しかし、肝心の銃規制に背をむけ続けているようでは、このような悲劇は必ず繰り返されるはずだ。第三者の目から見れば明白である。それが憲法で保証されているとか、銃所有はアメリカの文化(確かに田舎にいけば警察官が少ないので自衛が必要だが)とか言って。何もしないアメリカ人。これ(銃撃事件で毎回奪われる多くの命)は、アメリカ文化を維持するための社会コストなのだろうか。連日TVで報道されるツーソンの悲劇で悲しむアメリカ人、ボランティアのアメリカ人、ヒーロー達を見るにつけ、むしろ空々しく感じるのは私だけであろうか。

広告

1月7日から中東カタールのドーハーで始まったサッカーのアジア杯、楽しい。TVを保有していない私がこの大会をリアルタイムで楽しむ方法は、ツイッターの#daihyoタグに現れている怒涛の書き込みと、ハッキングサイトからのストリーム中継である。後者に関しては日本語の放送は一つもなく、試合によって、英語だったり、韓国語だったり、あそらくアラビックであったりと解説内容は理解が出来ない。更に所詮一般ユーザーがケーブルTVからハッキングしているようなので、映像・音声ともに途切れ途切れで不安定である。従って、試合の手がかりは#daihyoタグに現れる一般ユーザーの書き込みなのである。意外にもこれが分かりやすい。感情的なものがもちろん多いが、的確に試合の流れを伝えてくれる書き込みも多いのだ。ツイッターの140字の制限の中、しかも#daihyoに前後のスペースを含め9文字を取られながら、的確に記述できるのは大したものである(但し、筆者は英語のツイッターをよく見ているが、同じ文字数制限下では日本語の方が圧倒的に多くの情報量を英語に比べて伝えられる)。#daihyoタグの書き込みで、もう一点強く感じるのは書き込んでいる人達の成熟度である。Yahoo!のサッカー日本代表の掲示板等で見られるヒステリックに、監督、選手、監督を糾弾したり、「チョン」「在日帰れ」等の在日韓国朝鮮人に向けての吐き気をもよおすような汚く根拠のない人権侵害的書き込みもない。素直に、高い視点にたってアジア杯アッカーを楽しんでいる人達が多いのだ。例えば、先日の日本代表対シリア代表戦での川島の退場・PKの微妙な判定に関しての反応は、従来のようなヒステリックに誤審を激しく糾弾するよりも、むしろ「これがアジア。何があるか分からない」とか「ようやくアジア杯らしくなってきた」というよなポジティブにアジア杯を楽しもうという雰囲気が強かった。他国戦についても関心が高く、豪州、韓国代表の動向を伝えたり、日本との長年非常に緊張関係にある北朝鮮代表の選手(もちろんJリーグに縁がある在日選手である)に対する応援の書き込みもある。このような#daihyoタグに現れるファンの反応にはアジアのサッカーの特質を良く理解した成熟したファンの姿が見える。思い返せば、昨冬のバンクーバー五輪の女子フィギュア、あの時キム・ヨナを少しでも褒める書き込みがあると、一部の(一部であると信じたいが)狂信的な浅田真央ネットファン達による徹底的な攻撃があり、悍ましいものであった。私はキム・ヨナと浅田真央による戦いは近年稀に見る好勝負であり、あの二日間、二人だけに現れたオーラというか、会場全体の緊張感はTV画面越しにでも感じられた。勝敗を分けたのは、多くの狂信的なネット上の浅田真央ファンが指摘するような審判の買収とかそんなものではなく、二人の精神力の差だったと私は強く思っている。神の配剤だろうか、二人は全く同じ条件を与えられた。ライバルがほぼ完璧な演技をした後に滑らなければならなかったのだ。キム・ヨナはそのプレッシャーに見事に打ち勝ち完璧な演技でSPを終え、浅田真央はプレッシャーに完全に負け見る方が痛々しく感じるくらいボロボロな演技でフリーを終えた。そう、勝敗は明白だったのだ。畑違いだけど、サッカーJ1ガンバ大阪の西野監督も、「プロとしてキム・ヨナの精神力を見習いたい。」と遠征移動中に述べたという。同様な理由でキム・ヨナを賞賛した元一流のアスリートや国会議員のブログが、狂信的なネット上の浅田真央ファンによる攻撃で炎上した。これらを報道等で知った時、私の背筋は凍りついた。いやはや、この国には言論の自由はないのかと。もちろん、プロスポーツファンであれば、贔屓のチーム、選手はある。しかし、卓越したスキルや優れた戦術に対しては贔屓を超えて堪能し、賞賛したいものだ。それが成熟したファンの姿ではないだろうか。

そういった意味で、#daihyoタグにアジア杯についてしばしば書きこんでくれるサッカー・ファン達に対して私は成熟度を感じ、さらに日本人も捨てた者じゃないなと思うのである。

Stephen King “The Dark Half”

最初は鎌倉図書館で借りた古いペーパーバックで読み始めたが、分からない英単語が多いために、100ページ程度で断念。続いて、kindleにダウンロードしてビルトインされた英英辞典の助けを借りながら再挑戦すると、すいすいと読むことができた。この作品の概要は以下のとおり。もともと双子で生まれてくるはずだった主人公のThad Beaumontは母親の胎内で兄弟から栄養を奪い取りことで駆逐し、単一の赤ちゃんとして生を受けた。しかし、11歳の時、胎内で死んだはずの兄弟が、Thadの脳内で突如成長し、Thadはひどい偏頭痛に悩ませることになった。とうとう我慢できず専門医に診てもらったところ脳腫瘍という診断で、早速を除去手術を受けた。ところが、取り除いた腫瘍には人の目玉や歯があり、執刀医は衝撃を受けたが、脳内に双子が成長していた事実をThadや彼の両親には話さずにおいた。時は過ぎさり、Thadは作家兼大学教官となり、美しい妻Lizと双子の乳児WilliamとMaryと幸福な家庭を築いていた。作家として二作を発表し、デビュー作”The Sudden Dancers”は権威あるNational Book Awardにノミネートされるなど批評家からは高い評価を受けたが、両作と商業的に成功しなかった。そしてすぐにwriter’s block(作家のスランプ)にかかり作品が出せなくなった。スランプ脱出の一助として、ThadはGeorge Starkという別名を使って、冷血殺人鬼Alexis  Machineを主人公としたスリラー小説”Machine’s Way”を執筆・出版したところ、これが大ベストセラーになり、Machineシリーズの続編三篇もそこそこ売れ、George Starkは有名作家となり、Thadは印税でずいぶんと潤った。しかし、彼はGeorge Starkとして執筆している時はタイプライターを使わずに鉛筆を使って紙にじか書きし、また精神状態も不安定に陥っていた。この事をひどく心配した妻Lizは夫のThadにGeorge Starkとして執筆することを断念するように説得し、熱心なファンにThadとGeorge Starkが同時人物であることを見抜かれ脅迫を受けたことが切っ掛けで、タブロイド紙Peopleで、同一人物であることを公表し、同時にGeorge Starkは断筆を発表することにした。出版代理人とPeople紙に雇われたカメラマンの企画で、わざわざGeorge Starkの墓を用意し、その前でThadとLizを撮影し、掲載した。これでGeorge Starkと永遠に決別した筈なのだが、実はこれを契機にGeorge Starkがその作品の主人公Machineのような超冷血殺人鬼として、この世に登場したのである。ThadはGeorge Starkとして執筆中、胎内と11歳の時に除去した筈の双子の兄弟と精神的に接触し、協働作業で行っていたのである。George Starkはこの墓にかかわった墓守を殺害した。現場に残された指紋がThadと同一なものであるのでThadが容疑者として疑われ、墓のあるメイン州のリゾートタウンのCastle Rockの警察署長Alan PangbornはThadを逮捕するためにThadをメィン州Ludlow自宅まで訪ねるが、本人と直接あって見て、彼がとても殺人鬼であるとは信じ難く、Thadの話に率直に耳を傾けた。Thadの予言どおりにGeorge Starkはニューヨークに向かい、NYPDが厳重に警戒していたにも拘わらず、People紙での取材にかかわった代理人、その部下、カメランが次々と冷酷な手口で殺害されていく。警察が録音機をThadの自宅に据え付けると、すぐにGeorge Starkから電話がかかってきた。Thadとの会話を警察が分析したところ、なんと二人の声紋が完全に一致した。それでも警察署長のAlanはGeorge Starkの存在を信じられず、会話はもともとThadが録音をしておき、それを第三者を使って、わざわざ警察がいる時に掛けさせたとまで仮説をうちたてた。ThadとGeorge Starkは精神を共有しているため、各々が見るもの、各々が考えることがお互いに分かってしまっている。このまま行くとGeorge StarkがThadの心を占拠し、Thadがこの世から駆逐される危険にさらされていた。そして冷血怪物George StarkはThadが外出している間にLudlowの自宅にやってきて警戒していた警官二人を楽々と残忍に殺害し、Lizと双子の乳児を誘拐し、Castle RockがあるThadの別荘に向かった。Thadは警護している警察をまき、同僚の大学教官から車を借りてCastle Rockに向かった。警察署長のAlanは盗難車情報を受け、その車がGeorge Starkの故郷であるミシシッピのナンバープレートであったため、もしやGeorge Starkかと考え、Thadの別荘に近づいたが、まんまとGeorge Starkに捕まえられ、Lizらとともに人質として別荘内に監禁された。別荘には無数の雀が集結し、屋根や車寄せを覆うってしまうが、George Starkは全く気がつかない。そしてついにThadが別荘にやってきた。既にGeorge Starkとはテレパシーを通じて同意が出来ていたようで、二階の書斎で二人で新作の執筆を取りかかり始めた。その間にも雀は続々とやってきて、おそらく十億羽を越える規模となり、LizとAlanが詰めていた別荘の一階も雀でぎっしりと占拠されてしまった。書斎の中では執筆に夢中になっているGeorge Starkの一瞬のすきに鳥笛を吹いた。これを合図に雀達はGeorge Starkに襲いかかり、既に腐り始めた肉体を食いちぎり、ついにはGeorge Starkの肉体を空中に持ち上げ、彼方に連れ去ってしまった。

以上が、Stephen Kingらしい、恐怖と奇怪に満ち溢れたプロットである。”The Dead Zone”の上院議員Greg Stillsonといい、”Misery”の看護師Annie Wilkesといい、この作品のGeroge Starkという、Stephen Kingは超冷血殺人鬼を創作させれば天下一品である。俊敏、不死身のGeorge Starkなんか絶対死ぬわけないと思っていたが、作品前半からThe Sparrows are flying という意味不明なメッセージがたびたび登場していたのだが、まさかSparrowsがGeorge Starkを成敗してくれるとは想ong像だにしなかった。もしAlan Panbornという、プロフェッショナル意識が強いが人情味が溢れる警察署長が現われなかったら、この作品はただ恐ろしいだけだったかもしれないが、そこはStephen King、追い込まれた主人公には必ず人格の高い理解者を用意している。おもしろかった、でももう少し短くてもよかったのでは。この作品だけでなくStephen Kingの作品は、やはり長すぎる。
The Dark Half (Signet)
The Dark Half (Signet)

 

20年前に出版されたベトナム戦争の従軍体験に基づく私小説的短編集である。私が時々ネットで視聴しているアメリカの公共TV局PBSのNewshourで、偶然作者のTim O’Brienがゲスト出演し、この作品についてインタビューを受けているのを見て興味を持った。電子書籍リーダーkindleのiPhone版で読書した最初の作品でもある。実際に読み始める前、ベトナム戦争は遠い題材だし、当時の為政者を批判した反戦イデオロギー満載の作品だったらうんざりすると思っていたが、杞憂に終わった。内容は従軍兵士としての記録である。戦死していった同僚兵士達に関する些細とまで思える日常的なエピソードがちりばめられている。英文は平易で、詩のようなリズムがあり、内容は悲惨でありながら、軽快に読み進むことができる。最初はフィクションなんだろうなと思っていたが、彼自身のみならず、同僚達が実名で出てくるので、最後はこの作品はノンフィクション、私小説なんだと信じるようになった。しかし、ネットでTim O’Brienに関してリサーチをしてみると、彼の作風はverisimilitudeと呼ばれ、フィクションと事実の境界線が曖昧なのだそうだ。実体験に基づく詳細な舞台設定はされているが、明らかにフィクションが付加されているという。彼自身、本巻短編の一つ”Good Form”の中で、作り話だから伝えられる事story-truthの方が実際に起こった事happening-truthよりも、真実を伝えられる場合があると述べている。具体的には,”I want you to know why story-truth is truer sometimes than happening-truth.”と率直に認めている。

個々の短編で特におもしろかったストーリーをいくつか上げる。故郷からとても可愛い18歳の許嫁をうまくベトナムの戦場に呼び寄せて至福の時を過ごした兵士、しかし彼女は兵士してとしての意識に目覚め、米軍特殊部隊グリーンベレーに加って活動するようになり、とうとう彼を捨て去った”Sweetheart of the Song Tra Bong”。ベトナムから除隊後、生きる意味を見失って、無為な日々を過ごす元同僚の兵士。ある日の彼は自宅がある湖周辺を父親のビューイックに乗ってひたすら(12回)も周回しながら、従軍中、底なし沼にはまって事故死した兵士を救えなかったことなどを自問自答する”Speaking of Courage”。私がこれはベトナム従軍中の兵士のやりきれない気持ちをうまく表現できているなと思ったのは”The Ghost Soldiers”に出てくる次の場面だ。兵舎に戻ったTim O’BrienはMary Hopkinsのテープをかける。同僚のAzarが話しかけるのを”Shut up and listen”と制し、甘い歌声を聞きながら戦争が終わったらロンドンまで行って彼女にプロポーズをするという妄想を抱く。皮肉にも、そんなナイーブな妄想を抱ける子供のような純粋な日々は2度と戻って来ないとMary Hopkinsがヒット曲”Those were the days”を通じて言っていることを彼は分かった。その時だ。

Azar switched off the tape. “Shit, man,” he said. “Don’t you got music?”

いやー、この時のAzarのやるせない気持ちがよくわかる。流行歌と二人の短い会話でここまでビビットに気持ちを伝えられる作者の技術の高さは素晴らしい。いずれにせよ、ベトナム戦争に関する名作のひとつ、英語も平易、短編集、一読を勧める。
The Things They Carried
The Things They Carried

ベスト・オブ・メリー・ホプキン
ベスト・オブ・メリー・ホプキン

2006年頃購入したパナソニックのレッツノノートCF-Y5(Y5Kモデル Y5KW8AXR)にWindows XP SP2

で使用していた。ここに、Windows7 Home Premiumにフレッシュインストールすると、音が出なくなった。

解決策。パナソニックのサイトからSigmatelのVista用サウンドドライバーをダウンロードする。

http://faq.askpc.panasonic.co.jp/faq/docs/01626

ものはviup1_r5t5w5y5_h070050.exe viup1_r5t5w5y5_h070050.exe

これは\Vistup\drivers\sound  ディレクトリー配下にsetupがあるので、クリックして実行するだけ。

この情報は以下のブログで見つけた。

http://clear-sky.way-nifty.com/clear_sky_way/2010/01/lets-note-y5-wi.html

出所: http://kadspark.wordpress.com/2009/11/30/how-to-use-skydrive-as-local-harddisk-drive/

Many of my friends asked me how they can use the SkyDrive as their local HDD or we can say an Mapped Network Drive so here’s my post for all my friends describing how you can do it and believe me any one can do this all you need is 4 to 5 Mins of your valuable time. (But this will save your lot of time in future)

“Gladinet Cloud Desktop” is the software which you can use to achieve this goal the “Starter Edition” of this software is provided for free or you can choose “Professional Edition” for just $39.99 and the thing is you can use the same software to take the backup of your GoogleDocs or to manage your photos on Picasa you can download the software from the given link
http://www.gladinet.com/p/download_starter_direct.htm 

How to use it ? 

When you complete the software installation it creates a new Drive on computer you can find it from MyComputer by default the Drive Letter will be “Z:” if you are using Windows 7 it will look like one in following image 

1 

To use your SkyDrive or any other online storage with this application Open this drive by default this drive contains a file named “Click to mount [cloud storage]” Double Click on the file and open it it will ask you for some info in first step you need to provide the name of search provider select “Windows Live SkyDrive” the box just bellow it will ask you for the name this is the name which will appear on folder where the storage will be mounted on next step it will ask you for your live username (Email ID) and password in Third step you just need to click on the Finish button and the software will do rest of the things for you now after this when ever you want to copy some data to your online storage or need to copy some data from it it will be as simple as COPY PASTE operation which we use everyday 

般若心経 言葉解説

摩訶般若   摩訶は偉大なという意味、般若は智慧。

波羅蜜多   彼岸に渡ること。

六波羅蜜
 1.布施   施す事。物を施す物施と、心で施す心施がある。
 2.持戒   してはいけない、戒律を守ること。
 3.忍辱   辛抱すること
 4.精進   努め励むこと。
 5.禅定   座禅すること。
 6.智慧

五蘊皆空   色、受、想、行、識のこと

色受想行職
             色   外側、目に見える物
             受   外側にある世界を自分で感じること。「椿は綺麗な。でも、
         あまり匂いがいないな。」
     想   ものを知覚すること。体で感じたことを、はっきりと自分で認
         識すこと。肌が冷たくなったことを、意識が「あぁ、冷たい
         な」と想うこと。
     行   行いではなく、意思の作用。自分の好きな人から嫌いだと言わ
         れたら、つらい。そのような気持ちの作用。
     職   認識すること。

度一切苦厄   度とは救うということ。一切の苦厄とは、仏教の四苦
          八苦。四苦は、生、老、病、死。更に、愛別離苦、怨憎会苦、
          求不得苦、五蘊盛苦。怨憎会苦は自分の嫌いな人と出会うことは
          避けられないこと。求不得苦欲しい物が手に入らない苦しみ。
          五蘊盛苦は人間の体や心が盛なために煩悩が衰えないことによる
          苦しみ。

無眼界乃至無意識界   物(色)が無いので見えるものがない。意識するものもない。

無明   心が真っ暗なので思慮判断ができないこと。または悩みや煩悩と解釈でき無無明とは、無明を断ち切れという意味。

十二因縁   1)無明、2)行、3)職、4)名色(名が精神、色が肉体)、5)六入または六根(眼耳鼻舌心意のこと。これが作用して色声香味触法の六境になる。六根と六境をあわせて十二処と呼ぶ)、6)触。7)受、8)愛、9)取、10)有、11)生。12)老死

苦集滅道   四諦といい、諦は真理のこと。苦諦は生老病死の四苦のこと。集 諦は苦の原因を考えること(無明が原因)。滅諦は苦の原因である無明を滅ぼし迷いのない理想の境地に達すること(涅槃)。道諦は八正道を行うこと。八正道には正見、正思、正話、正業、正命、正精進、正念、正定がある。

心無圭礙   こだわりの無い心。菩提薩 (菩薩)は、この境地を達成している。

遠離     遠くにつきはなすこと。

顛倒夢想   現実離れした逆様の妄想。

三世諸仏   過去、現在、未来。結局。無限の時間。永遠の時の流れ。

阿耨多羅   最高の、最上の。

三藐     正しい

三菩提    全ての智慧の集まり。

呪      真言のこと。

大神呪、大明呪、無上呪   人間を三つの位に分けている。声聞(自分の感覚で分かった)、縁覚(本を読んで分かった)、菩薩(悟りを開いた)。声聞が唱えるのが大神呪、縁覚が唱えるのが大明呪、菩薩が唱えるのが無上呪。

無等等呪   如来が唱える呪。

能除一切苦   全ての苦を取り除く(真言)。