Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘The Shining’

amazon.co.jp のStephen Kingの小説の読者評価ランキングで上から二番目に高かった小説がこの”The Shining”だった。多大な期待を持って読み始めた。読後の感想は「怖かった」と、「英語が難しかった」のふたこと。恐怖はKingの小説の真骨頂。コロラド州の人里はなれた山間地にある格式ある古いホテルに、豪雪で閉鎖される冬季の管理人としてヴァーモント州から住み込んだ親子三人を、呪われたホテルが様々な亡霊たちを使って殺そうとする。最後の最後まで身の毛が弥立つシーンの連続で、何度かページをめくるのを躊躇させられたぐらいだった。英語に関しては、一般的にStephen Kingの小説を原文で読むのは難しいが、特にこの小説は読みづらかった。ホテルの中の様々な施設で奇妙な現象が次々と起こるのであるが、知らない単語が多かったし、King独特の動作の記述がやはり出てきて、正直半分ぐらいしか何が起こっているかを正確に理解できなかった。ボリューム満載な小説なので毎回立ち止まって入念に調査していると小説の流れが切れるので、不明な点をかまわずに読み進めてしまった。このような事情があり、私の読後の評価は、amazon.co.jpに寄せられていた高評価ほど高くない。私一押しのKingの代表作”The Dead Zone”よりは絶対に劣るし、英語的には”Misery”が同様に難解だったが、この小説は”Misery”ほどの質の高さはなかったと思った。”The Dark Half”とはどうだろう。表面的には全く異なる題材を扱う小説だが、”The Dark Half”と”The Shining”は共通点が多いと私は感じた。モンスターである主人公の双子の弟が盗難車でニューイングランド、ニューヨークを移動する前者の方が、雪で閉じ込められたコロラドのホテルの中で親子三人と亡霊達だけで展開される後者よりも、退屈しなかったことは確かだ。

収穫は、題材は異なってもStephen Kingの小説に出てくるキャラクターには定番があるなと、この小説で確信したことだ。大学か高校で教鞭をとりながら小説を書いている30-40代のニューイングランドに住む男性(King自身の投影)。足が綺麗で性的な魅力溢れる妻(Kingの最愛の妻Tabbyの投影)、そして命を厭わず主人公家族を助力する重用な脇役男性(小説によって大きく異なる。The Shiningでは黒人コック)。”The Shining”では、これらの定番に加えて、若夫婦の6歳の息子が主人公の位置をしめた。Shiningとは、霊感によって、近未来に起こる不幸を予期できる能力。主人公の息子がShiningを持っており、それゆえに古いホテルに住み着いた亡霊や奇怪な現象がどんどん見えてしまい、恐怖に怯える。しかも霊感が強いことをホテル(ホテル自体が化物)が脅威に感じ、ホテルの方が両親だけでなく、特にこの息子を抹殺しなければならないと感じていた。冬が深まり雪で完全に外界から隔離されてしまうと、亡霊たちが夜通しでパーティーを開いたり好き放題を始めた。父親はホテルに魂を乗っ取られ、妻と息子の殺害を試みる。そんな恐ろしい話なのである。最後はなんとかハッピーエンドなのであるが、本当に紙一重の差だった。この小説を読んでしまうと、怖がりの人は古いホテルを今後敬遠してしまうかもしれない。
The Shining
The Shining

Read Full Post »